優良な不動産を手見つけるためにチェックしておくこととは?

事前にポイントを押さえて中古の不動産を手に入れよう!

中古物件を購入するなら

岡山や江戸川区で新たな住居を構えようと、不動産の物件を探している方もいるでしょう。新築だけでなく、中古の物件の重要も増えてきています。そこで、中古住宅を購入する時の注意点をまとめてみましたので、検討しているならチェックしておきましょう。

中古物件で住宅購入する時に注意すること

つみき

利用できる制度を知っておこう

住宅購入には大きな額の予算が必要になります。その際に、少しでも予算を減らせることができたら嬉しいですよね。条件によって住宅ローン減税制度が適用されます。自分が購入検討している住宅はその対象なのか、また対象外であっても、念のために二重で確認しましょう。

購入後に住宅のトラブル発見

中古住宅を購入した後から雨漏りや白アリの被害があることが発覚するケースがあります。そんな事態になってしまっては、さらにリフォームを行なったり予算を大幅にオーバーしてしまいます。事前に欠陥やトラブルがないかをしっかり確認しておきます。

希望通りに建て替えることができるか

中古物件なら、自分で建て替えやリフォームをして住みやすく変えようと考える方もいます。しかし、まず初めにその物件が自分が望むように建て替えが可能なのか確認しておきましょう。法律によっては制限などがあり、計画が狂ってくる可能性もあります。

周辺の私道を確認

また、周辺の私道の利用に関しても注意が必要です。稀にですが、好条件の不動産であっても、近隣の私道の使用が制限されている場合があります。立地がよくても、便利な道が使えないとなれば、住みにくさを抱えてしまいます。

優良な不動産を手見つけるためにチェックしておくこととは?

男性

まずは現在の状態をしっかりと確認

中古物件は、すでに土地や建物が出来上がっている状態なので、まずは現在の状態がどうなのかを購入前に確認しておくことが大切です。ポイントを押さえて探せば、中古でも優良物件はたくさんあります。

室内

良い物件を探すために

よい物件の探し方だけでなく、トラブルのありそうな物件を避ける知識を得るようにしましょう。そのために、多くの物件を実際に見たり、想定できるトラブルを予め確認しておくことです。

自分から積極的に確認を

物件を手に入れて快適な生活を送るには、自分の考えや計画だけではどうしても進行できません。必ず情報収取は行い、気になる物件があれば不動産の担当者と実際に現場を確認しましょう。

広告募集中